取引プラットフォームガイド

申込みから取引までの流れとは

申込みから取引までの流れとは

ご契約手続き・お申込みから買取開始までの流れ

(重要)当社エリアの離島(島根県隠岐諸島および山口県見島)における再生可能エネルギー発電設備の連系について
当社エリアの離島(島根県隠岐諸島および山口県見島)において,2021年4月1日以降に再生可能エネルギー発電設備(太陽光発電設備・風力発電設備)の接続のお申込みをいただく際には,無制限無補償での出力制御に同意いただくことが前提となりますので,お申込みの際には十分にご確認いただきますようお願いいたします。(詳細はこちらをご参照ください)

(重要)発電設備等の低圧連系に係る工事費負担金の単価制の導入について
当社は,発電設備等の低圧連系に係る工事費負担金につきまして,工事費負担金の予見性向上とご請求の迅速化の観点から工事費負担金の単価制の導入をいたしました。
詳細についてはこちらをご参照ください。

【実施日】
2021年2月1日申込受付分
より適用いたします。

(重要)ノンファーム型接続に係る同意書の提出先について

①低圧連系の場合
低圧連系同意書(送配電買取の場合)[PDF:134KB]
提出先:連系申込みを提出いただいた事業所
低圧連系同意書(小売電気事業者買取の場合)[PDF:136KB]
提出先:ネットワークサービスセンター業務運営第一課
(メール:[email protected] ,住所:広島市中区小網町6番12号中電工平和大通りビル7階)
※同意書右肩へ申込書番号をご記載ください。

②高圧・特別高圧連系の場合
高圧・特別高圧連系同意書(送配電買取の場合)[PDF:131KB]
提出先:ネットワークサービスセンター業務運営第二課
高圧・特別高圧連系同意書(小売電気事業者買取の場合)[PDF:134KB]
提出先:ネットワークサービスセンター業務運営第二課
※①②ともに,同意書への押印をお願いいたします。

マイ・ゴールドパートナー(会員制サービス) 申し込みの流れ

1.本人確認書類が「コピー」の場合(現住所、氏名、生年月日の記載のあるもの)
マイナンバーカード(写真面)、運転免許証、日本国パスポート、年金手帳・年金保険者証、住民基本台帳カード、各種健康保険証のいずれかをご用意ください。
加えて、もう1点ほかの本人確認書類または現住所、氏名の記載のある補完書類(公共料金領収書等)をご用意ください。
なお、補完書類に現住所の記載がない場合は2種類ご用意ください。

運転免許証のコピー、マイナンバーカード(写真面)のコピー

住民票写しの原本※マイナンバーの記載がないもの、印鑑登録証明書

会員申込受付

年間スケジュール&口座振替(例)

    には別途保管料がかかります。
  • 都市銀行、地方銀行、信託銀行、信用金庫、労働金庫
  • 農協(全国都道府県信連傘下のオンライン加盟農協)
  • ゆうちょ銀行
  • その他(あおぞら銀行、イオン銀行、シティバンク銀行、ジャパンネット銀行、新生銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、東京スター銀行、楽天銀行)
    申込みから取引までの流れとは 申込みから取引までの流れとは
  • 新銀行東京、大和ネクスト銀行、野村信託銀行、オリックス銀行、一部の信用組合はご利用できません。
    また振替に指定できる金融機関であっても、インターネット支店などは口座振替がご利用できない場合があります。
    詳しくは銀行にお問い合わせください。
  • 金・プラチナ・銀積立を複数されている場合は、全ての合計購入金額が請求されます。特定の貴金属だけの口座振替はできません。
  • 12日に口座振替できなかった購入金額の再請求はできません。
  • 年会費が口座振替できなかった場合は、翌月に改めて請求します。

オンラインの場合

申し込みから取引までの流れ

STEP 1 申込内容の決定

STEP 1 申込内容の決定

STEP 2 お客様情報入力および口座振替

STEP 3 本人確認書類の用意およびアップロード

STEP 3 本人確認書類の用意およびアップロード

STEP 4 業務および財産に関する説明書類・申込確認書のご確認

ご用意いただくもの

  • 本人容貌の画像および本人確認書類をスマートフォン等でカラー撮影してください。
  • 住所変更等の記載が備考欄にある場合は運転免許証(裏面)の撮影も必要です。

本人容貌の画像、本人確認書類、運転免許証(裏面)

  • マイナンバーカード表面もしくは運転免許証裏面の 「臓器提供意思欄」に記入がある場合は必ず「臓器提供意思欄」を無地の紙等で覆い隠した(マスキング)状態で登録してください。 なお、当該箇所へマスキングをせずに提出された場合、本人確認書類として受け付けしますが、弊社でマスキングを行い保管します。

マスキング画像例

会員申込受付

入会申込時点では仮会員の状態のため、弊社にて本人確認画像を確認の上、本人確認できた場合は正会員となります。
数日で「業務及び財産に関する説明書類」、「申込確認書」等を郵送しますので必ず内容をご確認ください。
お手元に「申込確認書」が到着次第、インターネット取引サービス「オンライントレード」をご利用いただけます。会員番号(申込確認書記載)とオンライン入会申込で設定したパスワードでログインしてください。

申込みから取引までの流れとは

「住信SBIネット銀行の申し込みの有無」の画面

また、 SBI証券と連携した円預金「SBIハイブリッド預金」の金利は普通預金金利(0.001%)の10倍の0.01%(税引前)にアップ。

補足⑤「SBI証券ポイントサービスの申し込みの有無」

「SBI証券ポイントサービスの申し込みの有無」の画面

SBI証券には、取引に応じて 「Tポイント」「Pontaポイント」「dポイント」 のなかから選んでポイントが貯まるサービスがあります。申し込みは無料なので、申し込んでおきましょう。

補足⑥「ポイント選択(TポイントもしくはPontaポイントもしくはdポイント)」

ポイント選択画面

STEP4. 規約を読んで同意する

STEP5. 口座開設方法を選択する

「ネットで口座開設」のほうが早くて手間がかからないので、今後ほかの証券会社で口座開設するときのためにも、ネットでのやり方に慣れておくことをおすすめします。

「お申し込みが完了しました! 口座開設申込を受付いたしました」

「郵送で口座開設」を選んだ方は、簡易書留郵便で同じ情報が書かれた封書が送られてくるので、到着まで待ちましょう。 15時30分までに手続きをすれば、当日中に発送されます。

STEP6. 本人確認書類を提出する(アップロードもしくは郵送)

本人確認書類がSBI証券に届いたら、審査が始まります。

STEP7. 初期設定をする

STEP7. 初期設定をする画面

「ネットで口座開設」を選んだ方は、審査が完了していなくても、先に「初期設定」ができます。

  • 連絡先
  • 職業
  • 勤め先
  • 世帯主との続柄
  • インサイダー登録 ※上場企業の場合のみ
  • 振込先金融機関
  • 国内株式手数料プランの選択(スタンダードプラン、アクティブプラン)
  • 配当金の受取方法の選択
  • 投資に関する質問
  • 簡単なアンケート(SBI証券を選んだ理由)
  • 信用取引口座、FX取引口座、先物・オプション取引口座の申込みの有無

ちなみに、「インサイダー登録」は、上場会社に勤務している役員や職員、その関係者が、重要情報を発表前に入手して株式取引をすることを防ぐために登録します。

■SBI証券の手数料プランについて

  1. スタンダードプラン…1注文の約定代金に対し手数料がかかる
  2. アクティブプラン…1日の約定代金に対して手数料がかかる

STEP8. 口座開設完了通知の受け取る

「ネットで口座開設」を選んだ方は、すべての審査が完了したら、メールで「口座開設完了通知」が届きます。

\ネット証券 申込みから取引までの流れとは 口座数No.1/

SBI証券の公式サイトへのリンク

3. オンライン口座開設で審査にかかる日数…遅いって本当?

オンライン口座開設で審査にかかる日数のイメージ図

周りでSBI証券の口座を開設した人の話を聞くと、 オンライン口座開設の場合は最短で翌日には「完了通知」が届き、取引が始められた 申込みから取引までの流れとは とのことでした。

ちなみに、 郵送の場合は、本人確認書類を送って審査を通過し、ログインパスワードなどが書かれた簡易書留郵便が届くまで1週間~10日程度かかります。

\ネット証券 口座数No.1/

SBI証券の公式サイトへのリンク

4. SBI証券で実施中のおすすめキャンペーン

投信お引越しプログラム

しかし、 「投信お引越しプログラム」を利用すれば、移管にかかる手数料をSBI証券が全額負担してくれます。

SBI証券には、投資信託の保有残高に応じて「Tポイント」もしくは「Pontaポイント」もしくは「dポイント」が貯まる「投信マイレージ」というサービスがあり、次のグラフのように、移管する人が増加しています。

他金融機関からSBI証券への投資信託の入庫者数の推移

\投信信託の保有残高に応じてポイント獲得/

SBI証券の公式サイトへのリンク

5. SBI証券で口座開設するデメリット(注意点)

SBI証券で口座開設するデメリット

SBI証券で口座開設を申し込むときの注意点を強いて言うなら、 IPOが小口資金では当たりにくい ことです。

IPOはInitial Public Offeringの略語で、日本語では「新規公開株」といいます。

これから上場する企業の株式を公開前に個人投資家が購入するには、「ブックビルディング(需要申告)」で「何円で何株購入する意志があります」と証券会社に申し込み、抽選に参加する必要があります(抽選のルールは証券会社によって異なる)。

しかし、 SBI証券は株数を多く申し込んだ方に優先してIPO株を配分しているとされており、最低申込単位である100株などの小口の申し込みではIPO銘柄を獲得することは非常に困難です。

そのため、 SBI証券はIPO銘柄を数多く取り扱っているという理由で、獲得できる確率が高いのではないかと期待して口座開設するのはおすすめしません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる